長編映画『Floating Away』。北のハリウッド、バンクーバーから世界へ!




【Kou Etou 様から寄稿戴きました】

皆さんこんにちは。
今日は告知をさせて下さい!
私は今カナダ、バンクーバーでFloating Awayという映画の監督、脚本をしているのですが制作資金の一部をインターネットの「モーションギャラリー」と言うサイトで募っています。
1,000円から寄付が出来まして、金額に応じて特典の方も用意させていただいています。
日本での上映会(東京、大分で2015年予定)にも招待をさせていただきますので、皆さん、どうかページのチェック、そしてできれば多くの方々に見ていただきたいのでシェアをお願いします!
自主制作になりますので、制作は勿論、資金面や、宣伝等、本当に多くの皆様の御協力がどうしても必要になります。
私の書いた脚本から全てが始まったのですが、今それを痛感しています。
素晴らしい作品にするためのスタッフは揃っています。
皆様の御協力宜しくお願い致します!

期限:【2014月6月30日23:59】まで

映画『Floating Away』クラウドファウンティングについて

Facebookのページはこちらになります!
https://www.facebook.com/FloatingAway

衛藤昂(えとうこう)さんは大分市の出身です。

大分県大分市出身

1985年1月19日生まれオーストラリア、シドニーフィルムスクールで映画製作を学び在学中に監督した短編映画「PERMANENCE」がオーストラリアの映画祭で最優秀作品賞を受賞する。以後、在学中よりフリーで映像制作の仕事に携わる。
2010年に帰国後、テレビ、コマーシャル等の仕事を経て、2012年、ロータリークラブ第2720地区より国際親善奨学生としてカナダ、バンクーバーのキャピラノ大学映画撮影学科に留学をする。
Danny Nowak氏に師事し、前期、後期と共にDean’s List(優秀な成績を修めた学生のリスト)に選出される。
在学中より照明技師、カメラアシスタントとして活動した後、卒業後はバンクーバーで映画、ミュージックビデオ等の監督、撮影、編集の仕事に携わっている。